援交掲示板おすすめランキング
LOVE
LOVEのバナー
様々な出会いが可能な人気サイト

LOVEは、登録無料だから安心! メル友や恋人、割り切った関係まで幅広い目的の出会いが可能! 若い世代を中心に最も賑わっているサイトです。

FirstMail
FirstMailのバナー
登録無料で速攻出会う!

出会いにお金はいらない!無料で使えて確実に出会うならFirstMail。 希望の地域やタイプを選んで、理想の出会いを叶えてください。

出会い系サイトはどうして援交の書き込みを放置するの?

援助交際は法律違反でありますが、実質、それらの行為は黙認され、野放しにされているといってよいでしょう。それはどうしてかというと、お金をなぜ渡したか、その名目がセックスをさせてくれたことへの報酬であるというのを立証することが難しいからです。では、その根っこのところ、援助交際の温床ともいえる出会い系サイトは、何か対策を採っていないのでしょうか。そこでたとえば援交の書き込みを全面的に禁止すれば、援助交際が成立するのを防ぐことができますよね。しかし、現状では、何も対策を採っていないサイトがほとんどです。

いえ、そう言うと語弊があるかもしれませんね、はっきりと「援交がしたい」と言っている人物に対しては、出会い系サイトもなんらかの措置を講じると思われます。しかし、条件の確認などに隠語を用いている場合は、何もしません。たとえば「お願いあり」「条件あり」「パパになってくれる人」など、これらの言葉は「援交がしたい」という意味になりますが、直接的な表現を避けているので、削除の対象になったりはしないのです。

ちょっと考えればわかりそうなものなのに、なぜ対策を講じないのか。それは、援交目当ての女性に退会されると困るからなんですよね。出会い系サイトは、男性にお金を払ってもらうことで成立していますけれども、それには、女性会員がいなければ話になりません。メールを送る相手がいなければ、男性がお金を使う、ポイントを消費することもないからです。

出会い系サイトに登録している女性の大半は、援助交際目当てです。たしかに恋人、友達を求めてサイトを使っている人もいるかもしれませんが、七割から八割くらいは援交目当てなんですね。そして、その援助交際を目的にサイトを使う男性も少なくありません。そこで隠語を用いての援交のやりとりをも禁止してしまったら。サイトにはほとんど人が残らないということになってしまいます。そうなるとサイトとしては困るわけですね。だからこそ、援助交際の書き込み、メールも、隠語を使っているぶんには、何をすることもない。それが出会い系サイトの実情なのです。

面倒なことが起こっても、隠語を使っているのを指して、これが援交のことだとは思わなかったと言い逃れができますから、隠語を用いての会話にはとやかく言わないというわけです。援交に関連するやりとりを禁止することに伴う損失というのがあまりに大きすぎるので、出会い系はそれらの発言に対処せず、今ある出会い系サイトのほとんどは、援交の温床となってしまっているわけですね。これはもう仕方のないことなのかもしれません。

援交の相手を募集するときには隠語が使われる?

援助交際に興味がある、という男性も多いかもしれません。風俗にいくよりも安いですからね。二万円で本番ができるというのは、面倒ごと抜きにセックスがしたいと考えている男性にはとても魅力的に映るのではないかと思います。ただし、援交をするには、その相手を募集するために使われる隠語を知っておかなければなりません。隠語というのは、いわば暗号のようなもので、援助交際は違法行為でありますから、一応、サイト内では隠語を使って、条件の確認をするんですね。

では、その隠語とはどういったものか。基本使われるのは「ホ別②」といった言葉ですね。何も難しいことはありません。カタカナの「ホ」はホテルのことを、「別」は「○○のお代とは別に」というのを意味しており、「②」はお金の金額を示しています。この場合、ホテル代とは別に二万円いただきます、ということになりますね。出会い系サイトなどでは主に、このような隠語を使って条件の確認をするのです。

ホ別②の場合は、三万円くらい持っておけば、とりあえず安心といったところでしょうか。また、これが人によっては、「⑤」となったり、「苺」となったりします。⑤は五万円、苺は一万五千円という意味です。数年前までは、ホテル代別で苺、一万五千円が主流というか、一般的であったのですが、最近は二万円が相場になっていますね。この不況のせいなのでしょうか。

また、会ったときにする行為の内容でいいますと、相場通りの二万円であったならば、本番をするのが普通となります。女性によっては、あるプレイをオプションとしてつけて、それがしたかったらもうちょっとお金ちょうだいね、と言っている人もいます。たとえば、制服を着ていくなどのコスプレや、生中出しといった普通では味わえないプレイですね。そういうオプション的なプレイを追加するときの料金は、人にもよりますが、大体、相場に一万円をプラスするくらいだと思われます。それらの条件も、サイトでメールをしているときに確認してください。

その辺りのことをきちんと確かめて、値段を明確にしておかないと後でトラブルになる可能性もあります。どれだけ払えばいいのかという質問をはぐらかしたり、答えてくれなかったりする女性は、土壇場で、高額な料金を請求してくる可能性が非常に高いです。そのプレイをするのにどれだけのお金が必要なのか、はっきりと、彼女の口から言わせるようにしてください。「言ってくれないとお金用意できないよ」と言えば、観念するはずです。

高い金を要求している女性を買うとイイ思いができる?

相場額よりも数段高い金額を提示している女性もいます。私が今まで見た中で最も高額だったのは、ホテル代別で十万円というものでしたね。よほど自信があるのでしょう、確かに、写真を見た限りでは、モデルのような体型の人で、ほっそりとしているものの胸は大きく、お尻もぷりっとしているような方でした。それに十万円の価値があるかどうかはさておき、このような、援交の相場二万円よりも高い値段を提示する女性と会う意味はあるのでしょうか。その値段に見合った働きをしてもらえるのでしょうか。

これは、はっきり言って「無い」といえます。その女性が、払った金額に見合う働きをするかどうか、それだけの価値のある何かを持っているかどうかということには、首を傾げないわけにはいきません。

まず、見た目のことに関して言えば、それはあくまでも自己評価であって、その値段も自分でつけたものでありますから、妥当とは言いがたい場合が往々にしてあります。普段は可愛いとか、綺麗だとか言われていても、金を払ってまで何かをするとなると、通常以上の何かが求められます。そのことを理解せずに、自分の容姿が並以上には良いからと、馬鹿げた値段をつけている女性が非常に多いんですね。

では、プレイの内容で満足させてもらえるのことはあるのか、というと、これも疑問です。その女性はあくまで素人であって、風俗嬢と素人の女性とでは何をとってもテクニックのレベルが段違いであるように、素人というのは、そのセックスの内容に関しては、決して金を払えるレベルには到達しえないのです。なぜなら固定客を獲るために、あるいはその客に長く自分を指名してもらうために、真剣に努力したという経験がないからです。

見た目の可愛さや美しさと、セックスが上手にできるかどうかはまったくの別問題ですよね。むしろ、風俗店で人気の出るのは、多少見た目が悪くとも、テクニックが段違いに秀でている女性だと思います。つまり自分にものすごく高い値段をつけちゃうような、可愛いだけの女というのは、その可愛いというのがそもそも金を払えるレベルでないことも多く、ほとんどの場合セックスのテクニックも伴っていないということで、買う意味がひとつもないのです。

もしその女性が、風俗嬢であるとか、AV女優であるとか、そういう何かがあるのでしたら、考えてもいいかもしれませんが、基本的には、相場以上の金額を要求している女性とは会わないほうがよいでしょう。はっきり言って時間と金の無駄ですから。